『参拝しておきたい』高野山・奥の院「有名人・戦国武将のお墓」【10基】

スポンサードリンク

『参拝しておきたい』高野山・奥の院「有名人・戦国武将のお墓」【10基】

『参拝しておきたい』高野山・奥の院「有名人・戦国武将のお墓」【10基】高野山・奥の院には、歴史上の有名な人物のお墓や「供養塔(くようとう)」などが多くあります。

鎌倉時代以降、ありとあらゆる階層と宗派を超えて、人々はここに、五輪塔や墓石を建て続けたそうです。

例えば、江戸時代の大名たちは、約250藩の過半数の藩主が墓石や供養塔を建てているそうです。

もちろん分骨されたものですが、様々の分野の人々の思いが「奥の院」にきざまれていることが判ります。

以上のことから、以下では、少し不謹慎ではありますが、参拝をするという名目で、主な有名人・戦国武将の墓石10基の「お墓」や「供養塔」について紹介したいと思います。

「松尾芭蕉句碑」

「松尾芭蕉句碑」松尾芭蕉は、紀行文「奥の細道」で知られる江戸前期の俳人です。句碑には金剛峯寺で詠まれた「父母のしきりに恋し雉子(きじ)の声」という句が刻まれています。
奥の院には、「室井きかく」、「高浜虚子」の句碑や「与謝野晶子」の歌碑、「司馬遼太郎」文学碑等もあります。

高野山・奥の院「落書き塚」

「落書き塚」これは、落語家の柳家金五楼(1901-1972)が建立したもので「史跡に落書きをするなら、ここに落書きを」と呼びかけています。

高野山・奥の院「ロケット型の慰霊碑」

高野山・奥の院「ロケット型の慰霊碑」これは、新明和工業株式会社の墓所ですが、その形状が他の供養塔とは違うため特別目立っています。
このように現在の会社や企業の墓標も多く作られています。

高野山・奥の院「越前松平家(えちぜんまつだいらけ)の石廟(せきびょう)」

高野山・奥の院「越前松平家(えちぜんまつだいらけ)の石廟(せきびょう)」これは結城秀康と母(長勝院)の石廟です。
秀康は、徳川家康の次男として生まれましたが、豊臣秀吉の養子になり、その後、秀吉に鶴松が生まれたため、さらに結城家の婿養子になった人です。その後、松平に復姓していますが、1607年には家康に先立って他界してしまいました。秀康の石廟は、その長男の「越前松平忠直」によって1607年に造られました。
母(長勝院)の石廟は、1604年に造られています。
「松平秀康及び同母霊屋史跡」は2004年7月に世界遺産に登録されています。

高野山・奥の院「一番石塔」

「一番石塔」この塔は、高さ6.6mで、台石は八畳もあります。徳川二代将軍の秀忠の妻(崇源院/江姫)の五輪塔です。「崇源院」は、波乱の人生を送った浅井長政の「浅井三姉妹」の末っ子「江姫(ごうひめ)としての名前が有名で親しまれています。使われている石は瀬戸内海の島から切り出されたもので、これを船で海から紀の川と運び、町石道を人力で運び上げたものだそうです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






高野山・奥の院「高麗陣敵味方供養碑」

「高麗陣敵味方供養碑」覚ばん坂を登りきると、下りになります。少し進んで左側には「高麗陣敵味方供養碑」という供養碑があります。
1597年に豊臣秀吉が高麗(朝鮮)に進軍して、その戦いで戦没者がでました。この供養碑は、そこで亡くなった人々を敵味方の区別なく供養することを目的に建立したものです。
この供養碑は、薩摩藩(さつまはん)の島津義弘と、その子(忠恒)によって造られました。
これを観た世界遺産登録の事前調査員は、400年以上も前に日本人は、赤十字の精神をもっていたと驚いたそうです。

高野山・奥の院「上智禅尼(ぜんにじょうち)」の墓石

上智禅尼の墓石の声中の橋を渡り、登り坂(覚ばん坂)の初めには奥の院で最も古いとされる女性の墓があります。これは「上智禅尼」の墓で1375年に建立したものです。この墓石に耳をあてると、善人には天の声が聞こえますが、悪人には地獄の釜のうなる音が聞こえると言われています。

高野山・奥の院「明智光秀の供養塔」

「明智光秀」の供養塔さらに進むと、伊達政宗、石田三成の供養塔があって、その隣には織田信長に謀反(むほん)したとされる「明智光秀」の供養塔があります。この「明智光秀」の墓石は割れたままになっているそうです。何故、修復されないのでしょうか。真相を確かめたくなります。

高野山・奥の院「武田信玄と勝頼の墓碑」と「上杉謙信と景勝の霊屋(たまや)」

「武田信玄と勝頼」の墓碑↑「武田信玄と勝頼の墓碑」

武田信玄と上杉謙信は戦国武将の中でも、ともに甲乙つけがたい名将ですが、埋葬されても奥の院の道を挟んで対峙しています。上杉謙信と景勝の霊魂を祀っているお堂は、国の重要文化財に指定されています。

↑「上杉謙信と景勝」の霊屋↑「上杉謙信と景勝の霊屋(たまや)」

高野山・奥の院「同期の桜の碑」と「必救一念石」

↑「必救一然石」↑「同期の桜の碑」↓

↑「同期の桜の」の碑一の橋を渡ってすぐのところには、奥の院を象徴する碑が二つあります。

左側には、第二次世界大戦の時の特攻隊の供養碑「同期の桜」が、そして右側には同じく大戦で捕虜(ほりょ)となってシベリアに抑留された方々が無事に帰還することを願って建てられた「必救一念石」があります。

この二つの碑は、死者への供養と生者への祈りを表しています。

つまり、この二つの碑を対比することで、奥の院には生と死が同時に存在していることを示していると考えてよいと思います。

↑「必救一然石」↑「必救一念石」

ちなみに、高野山に有名人や戦国武将のお墓がある理由とは?

古より、高野山は「天下の総菩提所」つまり、死者の魂は高野山で弔えば、極楽浄土へ行くことができるとされており、これは大師・空海の偉大さに起因するものとされております。

高野山は、もともと、この空海が開創した土地であり、空海が入滅した後も、その教えや思想などを基とした威光は、今現在に至る後世にまで浸透し、一宗教の枠組みを超越して、我々、大衆の心の奥深くに根付いています。

このように、大師・空海があまりに偉大すぎたため、後世に残された者たちは空海が今も尚、生きていて、宇宙のように広がる、広大な悟りの境地をさらに極めつつあると自識しています。

そんなことから、空海の傍で永眠すれば、極楽浄土へ行けるとの思いが言葉となり、これが伝承とされ、今に至って高野山では宗教の域を超えた墓石群が形成されるに至っているのです。

以上のような理由から、敵であった事や、味方であったこと、家族であったこと関係なく、高野山には様々な有名人や戦国武将たちや、しいては天皇(皇族)のお墓まで軒を連ねて建てられているのです。

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ