高野山 おすすめ駐車場の「混雑・渋滞・満車状況」と「営業時間・駐車料金(無料・有料)(地図・PDFダウンロード可能)

スポンサードリンク

高野山 おすすめ駐車場の「混雑・渋滞・満車状況」と「営業時間・駐車料金(無料・有料):地図・PDFダウンロード可能

高野山 おすすめ駐車場の「混雑・渋滞・満車状況」と「営業時間・駐車料金(無料・有料)(地図・PDFダウンロード可能)↑中の橋第一駐車場(奥の院最寄り大駐車場)

あなたは、高野山へ車で参拝をお考えでしょうか?

はたまた、電車でしょうか?

現代では、高野山までのアクセスは、車でも電車でも、高野山内の寺院や宿坊のノド元まで、さほど歩くことなく、容易にアクセスができます。

しかし、車で参拝に訪れる際には、主に以下のようになことに留意する必要がでてきます。

 高野山までのアクセス・行き方(道順・コース)
 高野山までの道中の渋滞や混雑具合
 高野山内での駐車場(名所付近にあるのか?空き具合は?)
 自宅から高野山までの、おおよその所要時間

以上、これらのことは、これから高野山へ参拝予定の、あなたも気になっていることではないでしょうか?

よって、ここでは、特に「高野山内での駐車場(名所付近にあるのか?空き具合は?)」についてを重点的にご紹介いたします。

 

高野山内の駐車場の場所・値段・営業時間※地図・PDFダウンロードあり

高野山内の駐車場の場所・値段・営業時間(地図・PDFダウンロードあり)↑金剛峯寺前駐車場と国道480号線

高野山内の駐車場は、高野山の寺院が管理しており、基本的にすべて無料で利用できます

しかし、中には有料の駐車場がありますので、注意が必要です。

高野山 駐車場 地図 MAP

「高野山レストラン・カフェ大霊園エリア」最寄り駐車場


 大師陀羅尼助駐車場(臨時駐車場)

  • 基本土日祝日のみ開設(連休に挟まった平日は開設)

 スカイラインバス待機所駐車場(バス駐車可能)

  • 収容台数:15台
「高野三山・奥の院・弘法大師御廟エリア」最寄り駐車場


 中の橋第一駐車場(バス駐車可能)

収容台数:大型16台、小型10台(バス)、乗用車:186台

 中の橋第二駐車場(商工会館前)
※宿坊協会・中の橋案内所あり

  • 収容台数:186台
「苅萱堂・戦国武将の慰霊碑エリア」最寄り駐車場

※上記↑奥の院エリア地図参照
 中の橋第二駐車場(国道371号線沿い/商工会館前)

※宿坊協会・中の橋案内所あり

  • 収容台数:51台

 一の橋案内所前駐車場【有料駐車場】

高野山内の駐車場に関してですが、駐車場と呼べるほどのスペースはありませんが、有料駐車場が、まだもう1つあります。
駐車場の広さは小さく、駐車できるスペースも、おそらく10台も駐車できないでしょう。
しかし、奥の院に参拝されるご予定の方で、奥の院の周辺付近の駐車場が満車の場合にオススメしたい、穴場的な駐車場です。

その駐車場こそが、この「一の橋案内所駐車場」になります。高野山内で唯一の有料駐車場です。

駐車料金:1時間400円・以後30分毎に150円

  • 収容台数:8台

※宿坊協会一の橋案内所あり

高野山 有料 駐車場↑一の橋案内所前駐車場【有料駐車場】

「金剛三昧院エリア」最寄り駐車場


 高野山小学校駐車場(臨時駐車場)

  • 収容台数:72台

※基本土日祝日のみ開設

※注意※この駐車場は1200記念の際の臨時駐車場で2017現在は開設されていません。

「徳川家霊台・女人道エリア」最寄り駐車場


 高野町役場駐車場(交番・役場あり)

  • 収容台数:(平日:46台/休日117台)

※注意※駐車時間:7:00~22:00

「金剛峯寺エリア」最寄り駐車場


 金剛峯寺前駐車場(バス駐車可能)

  • 収容台数:31台(乗用車)
  • 収容台数:6台(バス)

 高野山大学駐車場(臨時駐車場)
(宿坊協会中央案内所・紀州銀行あり)

収容台数:75台

※土日祝日のみ開設
※注意※土日祝日でも開放されいないことがあります。要問合せ(0736-56-2616/高野山観光協会)


スポンサードリンク -Sponsored Link-






「大師教会エリア」最寄り駐車場


 霊宝館駐車場

収容台数:31台
 金剛峯寺第二駐車場

  • 収容台数:72台
「霊宝館エリア」最寄り駐車場

 霊宝館駐車場

  • 収容台数:31台
「壇上伽藍・金堂・御影堂エリア」最寄り駐車場


 愛宕第一駐車場

  • 収容台数:38台

 愛宕第二駐車場(臨時駐車場)

収容台数:40台

※土日祝日のみ開設

 中門前駐車場

  • 収容台数:18台

 高野山高校臨時駐車場

あまり知られていませんが高野山高校は運動場が広く、日曜祝日、連休になるといっせいに運動場が開放され臨時駐車場になります。

収容台数:(平日約200台:日祝日236台:ゴールデンウィーク448台)

高野山高校の駐車場も開創1200年記念の際の特別臨時駐車場になっていましたので現在は開設されていません。

「大門エリア最寄り駐車場」


 愛宕第一駐車場

「南大門・お助け地蔵エリア最寄り駐車場」

 お助け地蔵前駐車場

  • 収容台数:32台

 大門南駐車場

  • 収容台数:200台

高野山内駐車場の営業時間

  • 0:00~24:00

※だだし、上述していますが「高野町役場駐車場」のみ7:00~22:00までとなります。

高野山内駐車場の値段(料金)

  • 無料

高野山内駐車場の定休日

  • 年中無休

※だだし、臨時駐車場のみ例外を除いて平日は開設されていません。(平日は定休日)

高野山内駐車場の(地図・PDFダウンロード可能)

高野山内駐車場の混雑・渋滞状況

高野山内駐車場の混雑・渋滞状況高野山内で一番、大きい駐車場は「金剛峯寺前駐車場」と「奥の院前の駐車場」になります。

しかし、この2つの駐車場は、高野山内でもメインの駐車場となりますで、土日祝日やGW、年末年始(三が日)、大晦日は大変込み合います。

特に、「金剛峯寺前の第一駐車場」は、土日祝を例で言いますと「朝の8時30分」には、すでに満車状態になっています。

しかし、この「金剛峯寺第一駐車場」以外の駐車場は、比較的、空いています。

高野山内の混雑や渋滞を回避する、たった2つのこんな抜け道

高野山内で、渋滞を回避する方法は、2つあります。

 高野山内の奥の院近くの「中の橋駐車場」や、「金剛峯寺前の大駐車場」へ車を止めて、そこから「バス」で高野山内の各所へ観光に行く

 南海高野線の「橋本駅」や「林間田園都市駅」の付近・周辺の駐車場へ車を駐車して、そこから「ケーブルカー」で、高野山内登り、そこから「バス」で高野山内の各所を周る。

ただし、注意があります。

「橋本駅」や「林間田園都市駅」の付近・周辺の駐車場は【有料】だということです。

したがって、これらの駐車場へ車を駐車して高野山へ観光へ行く場合、1日上限料金が設定されている駐車場を狙って駐車する必要があります。

特に、橋本駅前の駐車場は、1日上限料金が無い駐車場が、比較的多いので注意が必要です。

「林間田園都市駅前」の駐車場なら、ほとんど1日上限料金が設定されている駐車場が多いのでオススメできます。(1日上限料金1000円。場所による)

そして、他にも注意事項があります。

「橋本駅」より高野山へ向かっての、高野山沿線の付近・周辺には、駐車場がないと言うことです。

したがって、最低でも橋本駅前まででの駐車場を探すしかありません。

しかし、1日上限を狙うのであれば、やはり、橋本駅より前の高野山沿線付近・周辺で駐車場を探すしかありません。

最近できた!!「もう1つの抜け道・高野山道路」

高野山内の混雑や渋滞を回避する、たった2つのこんな抜け道今まで高野山内にての主要な道路は、「国道371号線」と「国道480号線」しかありませんでした。

しかし2015年3月28日に渋滞緩和のために、なんと!「高野山道路」という名前の道路が新たに開通しています。

この道路は「大門前」から「奥の院方面・高野龍神スカイライン手前」までの間を通っており、距離にして4.3km、つまりは混雑必至となる金剛峯寺前の道路を通行せずに奥の院までたどり着くことができます。これは大きなメリットです。

高野山内のバス(南海バス)は、「1日乗り放題チケット」を販売している

高野山内のバス(南海バス)は、「1日乗り放題チケット」を販売している実は、高野山内の各所を循環するバス(南海バス)は、「1日乗り放題券」と言う、チケットを割安で販売しています。

このチケットを購入すれば、車を「橋本駅前」や「林間田園都市駅前」の周辺・付近の駐車場へ駐車しておいて、そこから「ケーブルカー」と「バス」を利用すれば、高野山内を割安料金で観光をすることも可能になります。

このようなチケットを利用すれば、渋滞を回避できて、高野山内の観光を効率良く巡ることができます。

ただし、注意があります。

道が渋滞していると言うことは、バスも同様に渋滞に巻き込まれると言うことです。

また、高野山内は、「371号線」と「480号線」が、基本的な幹線道路となっていますので、逃げ道がありません。

つまり、一度、渋滞にハマってしまうと、なかなか抜け出すのが難しいと言うことです。

特に橋本へ向かう唯一の山道・「国道371号線」は、渋滞する道路として有名です。

しかし、バスであれば、「ある事」ができてしまうと言うことです。

その「ある事」とは、途中でバスを降りて、徒歩で自由に観光することができると言うことです。

高野山内の名所は比較的、近距離にあります。

したがって、徒歩でも十分に観光めぐりが可能なので、バスを利用しない手はありません。

おわりに・・

高野山内の地図について

高野山の中は、いくら一本道とはいえ、途中、それなりに入り組んだ場所もあったりします。

そういった場所を観光するのであれば、「地図」や「コンパス」は必須の持ち物となります。

そこで、高野山内の案内所では、地図を販売しています。(100円)

地図をお忘れになった際は、ぜひ、購入してみてください。

また、記念のお土産品として地図を購入するのも良いですね。

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ