高野山・南院「波切不動尊(木造不動明王像) 」

スポンサードリンク

高野山・南院「波切不動尊(木造不動明王像)」

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%80%80%e5%8d%97%e9%99%a2%e3%80%80%e6%b3%a2%e5%88%87%e4%b8%8d%e5%8b%95%e5%b0%8a

高野山・南院「波切不動尊」の読み方

高野山には、難しい漢字で記載された読むのが難しい仏像やお堂がありますが、「波切不動尊」は「なみきりふどうそん」と読み、「南院」は「なんいん」と読みます。

ところで・・「波切不動尊」とは?

波切不動尊とは、大師・空海が中国・唐からの帰りの船の中で無事に日本に付けるように師である恵果(えか)から授かった霊木を使って造立した不動明王のことです。

彫り終えた後、不動明王を船首(船の先の部位)に据え、船は荒波を切るように進み、無事に日本に辿り着いたことから「波切」の名前が付されています。

高野山・南院の御本尊「木造不動明王立像」【重要文化財】

%e6%b3%a2%e5%88%87%e4%b8%8d%e5%8b%95%e6%98%8e%e7%8e%8b%e5%83%8f↑写真(画像)はイメージです。南院の御本尊ではありません。

造立年

  • 不明
  • 推定806年(大同元年)※平安時代初期
重文指定年月日

  • 1908年(明治41年)1月10日

実はこの不動明王像は国の重要文化財の指定を受けているほどの仏像になります。

普段は見ることが叶いませんが、例年6月8日の特別に一般公開されます。

南院の御本尊「木造不動明王立像」の特徴

大師が造立したと云われる不動明王は木造でありながら、一見すると銅像のような容姿に仕上がっています。

姿形は不動明王そのもので右手には「剣」を持ち、左手には「羂索(けんさく)=手縄」を持っています。

仏像の体型は丸みを帯びた童子体型をしており、これは不動明王像の大きな特徴でもあります。

剣で煩悩を切り祓い、慈愛の念がこもった羂索を用いて煩悩に支配された人々を救済します。

1000年以上も時を経ても、信じられないほどの姿を留めており、劣化や損失が見られないことからかなり貴重な不動明王像と言えます。

現在にまで語り継がれる記録によれば、不動明王が日本に伝来したのが平安時代初期であり、大師・空海が日本へ伝えたと記されていることから、つまりはこの不動明王がおそらく日本へ伝来した第一号の不動明王像と言うことになります。

また、この南院の波切不動尊は日本全国にいくつか存在する波切不動尊の総本山になりますので、つまりは日本全国の波切不動尊の御本尊でもあります。

えぇっ?!この不動明王像は過去に幾度も持ち主が変わっていた?!

実はこの不動明王像は当初から高野山になかったと云われています。

まず「神護寺(京都市右京区高雄)」で安置され、

さらに醍醐寺(京都市伏見区)に遷され、

今度はなんと!熱田神宮(古来では神宮寺)に遷されたと云われています。

そして最後にようやく高野山の南院に遷されて現在に至っています。

南院の波切不動尊(不動明王像)は実は高野山最大のパワースポットだった?!

実はこの不動明王像にはまだ、摩訶不思議でとても信じられない謂れが伝えられています。

その謂れと言うのは、過去に幾つもの動乱を鎮めたと伝えられています。

例えば熱田神宮(神宮寺)へ遷された後は、平将門の乱を鎮めたと云われ、また鎌倉時代中頃の元寇の折には、元寇を追い払ったとも云われています。

そんな霊験が明らかであったことから、江戸時代や近代に至るまで日本全国各地へ繰り出されて、都度、動乱を鎮めてきたそうです。

そんなことから日本国内でもっとも「霊験あらたか」な仏像と伝えられています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






高野山・宿坊「南院」の「歴史・見どころ・宿坊の情報」など

  • 宗派:高野山真言宗
  • 御本尊:浪切不動明王
  • 山号:高野山
  • 院号:南院
  • 別称:浪切不動尊
行事

節分祈願会:1月28日〜2月4日

春季紫灯大護摩供:5月8日山王院夏季祈願会:旧暦5月1日〜2日本尊講(御開帳):6月28日秋季紫灯大護摩供:10月8日

高野山の南院は、東大寺・南院に所属していた「真興(しんぎょう)」が創建したと伝えられています。

また、この南院は寺院でありながら、宿坊と言う側面も併せもっています。

6000坪と言う規模の敷地面積をほこり、境内には庭園が3つもあります。

また境内の神聖さや荘厳さを物語るかのように、裏庭には樹齢約300年と言う「もくれん科」の「朴(ほう)」と呼称される巨木が自生しています。

鳴き龍

浪切不動尊・本堂拝殿の平天井には「鳴き龍」と呼称される「龍」の絵が描かれています。

%e6%b5%aa%e5%88%87%e4%b8%8d%e5%8b%95%e5%b0%8a%e3%80%80%e9%b3%b4%e3%81%8d%e9%be%8dちなみに鳴き龍で有名なロケーションとして、日光東照宮(日光山輪王寺)の薬師堂(本地堂)が挙げられますが、この波切不動尊の鳴き龍も東照宮の鳴き龍と類似した意匠で天井いっぱいに描かれています。

「鳴き龍」の呼称の由来として、鳴き龍の下で柏手(かしわで/=拍手)して音を出すと天井と床に音が反響して不思議なことに鈴を鳴らした時のような音が聞こえると云われるものです。

御朱印

南院の通常の御朱印

この南院にもオリジナルの御朱印が存在します。

中央に大きく「浪切不動」と墨書きされています。

高野山 南院(浪切不動) 御朱印

南院の御詠歌の御朱印

ありがたや 生死苦海(しょうじくかい)の 浪風(なみかぜ)を 切りはらいたまふ 智慧の御剣(ちえのみつるぎ)」と墨書きされた御詠歌になります。

  • 御朱印の値段:300円
  • 御朱印の授与場所:南院の境内

高野山・南院の宿坊のデータ

住所:和歌山県伊都郡高野町高野山680番地
電話番号:0736-56-2534
URL:http://www.sea.sannet.ne.jp/namikiri-nanin/
宿泊・昼食:個人・団体(参拝・観光・研修も利用可能)
回向・祈願:先祖供養・納骨・諸祈願
体験:写経(要予約)
部屋数:壁仕切り個室(12室)、ふすま仕切り個室(10室)、大広間(1室)、中広間(1室)
収容人員:個人約70名・団体約100名
駐車場:バス5台・乗用車20台
設備:本堂・庭園・茶室・洋式トイレ

高野山・南院(波切不動尊)の場所とアクセス(行き方)

場所

南院(波切不動尊)は金剛峯寺と徳川家霊台の中程に位置し、いずれのロケーションからも徒歩で10分圏内でアクセスすることができます。

%e9%87%91%e5%89%9b%e5%b3%af%e5%af%ba%e3%81%8b%e3%82%89%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%8d%97%e9%99%a2%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9

  • 金剛峯寺から徒歩での所要時間:約6分
  • 金剛峯寺からの距離:約450m
「ケーブルカー高野山駅」から南院(波切不動尊)へのアクセス(行き方)

「ケーブルカー高野山駅」から「南海りんかんバス・奥野院行き」へ乗車(バス所要時間:約8分)後、「浪切不動前バス停」で下車、徒歩スグ。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ