高野山・宿坊「成福院(じょうふくいん)」

スポンサードリンク

高野山・宿坊「成福院(じょうふくいん)」

高野山・宿坊「成福院(じょうふくいん)」

御本尊
  • 「大随求明王(だいずいぐみょうおう)」
所有霊宝

大随求明王木像(御本尊)、五大力明王画像、花鳥画、桃牛画、八景画、騎馬画屏風

高野山・宿坊「成福院」の建立と再建

高野山・宿坊「成福院」は、1523年の大火で類焼してしまい、過去の記録は全て焼失してしまいました。
1539年に最高位の事務監督職「検校(けんぎょう)」が再建したと伝えられています。

成福院は、高野山のほぼ中央にあります。

全国でも珍しい八角形のお堂「魔尼宝塔(まにほうとう)」があって、第二次大戦中に旧ビルマ(ミャンマー)で命を落とした日本の将兵達の冥福を祈ることに力を注ぐとともに、ミャンマーとの親善交流に努めている宿坊寺院です。

「大随求」とは、信者の求めに自在に応じるという意味があります。

「息災・滅罪・子授」を求めて呪文の真言・陀羅尼(だらに)を唱えると願いが叶う菩薩と言われています。

御本尊を拝むときは、「オンバラバラ サンバラ サンバラ インジュロヤ ビシュダニ ウンウン ロロシャレイソワカ」と唱えます。
(お唱えするだけで、楽しくなりそうな気がします)

高野山・宿坊「成福院(じょうふくいん)」へのアクセス・行き方

南海りんかんバス
  • [高野山前-蓮華谷(13分/330円)]

高野山・宿坊「成福院(じょうふくいん)」のお問い合わせ先(住所・電話番号)

住所
  • 和歌山県高野町高野山593番地
電話番号
  • 0736-56-2109
URL
  • http://homepage3.nifty.com/koya-jfk/index.htm
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ