高野山・金剛峯寺「八大童子像」【国宝】

スポンサードリンク

高野山・金剛峯寺「八大童子像」【国宝】

※画像は以下にて↓

造立年

  • 恵光、恵喜、烏倶婆:鎌倉時代(推定)
  • 清浄比丘、矜羯羅、制多伽:鎌倉時代(推定)
作者

  • 運慶(制多伽、矜羯羅)
  • 慶派の仏師(その他、6体)
国宝指定年月日

  • 1955年(昭和30年))2月2日
所蔵場所

  • 金剛峯寺(現・霊宝館)

高野山・金剛峯寺「八大童子像」の読み方

高野山の境内には難しい漢字の表記の御本尊や堂舎がありますが、「八大童子像」は「はちだいどうじぞう」と読みます。

ところで・・八大童子って何??

八大童子とは、不動明王に仕える8人の童子のことです。

不動明王とは「大日如来の化身」つまりは大日如来そのものとも言い換えることができます。

大日如来は救済する人物の人とナリを見て姿を変化させると言います。

これを三輪身(さんりんじん)と呼称します。

この不動明王(大日如来)には、8人の眷属(けんぞく)である童子(どうじ)がいます。

眷属とは、いわゆる親戚のようなもので、童子とは小さい子供のことを指します。

つまり不動明王(大日如来)に仕える8人の童子と言うことになります。

童子だからと言ってバカにはできません。

童子でも仏様並みの力を備えており、不動明王(大日如来)を守護する存在です。

八大童子の名前の読み方

矜羯羅童子(こんがらどうじ)、制多伽童子(せいたかどうじ)、恵光童子(えこうどうじ)、清浄比丘童子(しょうじょうびくどうじ)、恵喜童子(えきどうじ)、烏倶婆誐童子(うぐばがどうじょ)の六躯(ろっく/=六体)・・となります。

八大童子の名前と画像

制多迦童子(せいたかどうじ)

%e5%88%b6%e5%a4%9a%e8%bf%a6%e7%ab%a5%e5%ad%90制多迦童子も不動明王の脇待として有名です。
通常は不動明王の向かって左側に配されます。
尚、制多迦童子とはサンスクリット語で「奴隷や従者」と言う意味合いがあります。
言い方は酷ですが、不動明王の従者や奴隷と言った意味になります。

矜羯羅童子(こんがらどうじ)

%e7%9f%9c%e7%be%af%e7%be%85%e7%ab%a5%e5%ad%90矜羯羅童子は不動明王の脇待として有名です。
通常であれば不動明王の向かって右に配されることが多いです。
15歳ほどの少年の姿をしています。
矜羯羅童子の「矜羯羅」とは、サンスクリット語で、「仏法に従い裁きを与える者」と言う意味合いがあります。

一般的に八大童子と言えば、上記の2童子のことを指します。

他の八大童子のメンバー6躯(6体)は以下のとおりです。

清浄比丘童子

%e6%b8%85%e6%b5%84%e6%af%94%e4%b8%98%e7%ab%a5%e5%ad%90
指徳童子

%e6%8c%87%e5%be%b3%e7%ab%a5%e5%ad%90

スポンサードリンク -Sponsored Link-






慧喜童子

%e6%85%a7%e5%96%9c%e7%ab%a5%e5%ad%90
慧光童子

%e6%85%a7%e5%85%89%e7%ab%a5%e5%ad%90
阿耨達童子

%e9%98%bf%e8%80%a8%e9%81%94%e7%ab%a5%e5%ad%90
烏俱婆伽童子

%e7%83%8f%e4%bf%b1%e5%a9%86%e4%bc%bd%e7%ab%a5%e5%ad%90これらの八大童子は菩薩や明王などが持つ金剛杵(法具)や戟(げき-棒)、経典などを手に持っています。

中でも特に特徴的なのが「阿耨達童子」です。

何故か阿耨達童子だけが龍にまたがって乗っています。

阿耨達童子が龍にまたがっている理由として、一説では阿耨達童子は八大竜王の一角である「阿那婆達多竜王」と同一視されているためだとも云われております。

高野山・金剛峯寺「八大童子像」の歴史・由来

実は、これら八大童子像は、いずれも国宝指定を受けていますが、正式には・・

  • 清浄比丘童子
  • 慧喜童子
  • 烏俱婆伽童子
  • 慧光童子
  • 矜羯羅童子
  • 制多迦童子

が、国宝指定を受けており、残りの「指徳童子」「阿耨達童子」に関しては正式に指定は受けておらず「八大童子・付属」と言う形で指定を受けています。

上記の2体が付属となっている理由としては、像の特徴や材質などの判定が鎌倉期から南北朝時代(室町期)の造立が濃厚であることが明らかにされています。

造立時期が異なると言うのも些か(いささか)変ですが、これはおそらく上記の2体のみが火事で焼失し、鎌倉期から南北朝時代に造立されたものと考えられています。

つまり、造立当初の面影は残しつつも、現在の姿が造立当初の姿であったかについての真偽は一切不明と言うことになります。

しかし、「付属」と言っても国宝指定には間違いはないのですが、八大童子を構成する一部として見られていることもあり、他の6体と区別する目的で「付属」と言う形になっています。

尚、これらの像は運慶作として有名ですが、調査によると運慶の手による造立は「制多伽」、「矜羯羅」の2躯(2体)のみと言うことが判明しています。

もし、像を見る機会があればこれら2体の像と他の6体の像を見比べてみてください。

特徴に違いがあること気づけるハズです。

【補足】八大童子の中でもっとも人気があるのは誰??

ちなみに高野山では、ぬっ、ぬぁんと!この八大童子をアイドルに見立てて人気ランキング投票を行っています。結果は以下のとおりです。

第8位.清浄比丘童子
第7位.指徳童子
第6位.慧喜童子
第5位.烏俱婆伽童子
第4位.慧光童子
 .矜羯羅童子
 .制多迦童子
 .阿耨達童子

尚、この集計結果は「特別展・空海と高野山」に基づいて集計されたものです。
阿耨達童子がセンター(人気№1)に選出された理由は、やはり「龍」にまたがっている姿が印象的でカッコイイからだそうです。

いいですね。「カッコイイ」と言うことは・・言い換えると『激モテ』と言う解釈になる訳ですからね。なるほど・・。 ..さて ドンキに龍 買いにいコ

高野山・金剛峯寺「八大童子像」の場所

高野山・金剛峯寺「八大童子像」は現在は、高野山・霊宝館に安置されています。

高野山・霊宝館の場所や詳細については当サイトに別ページにてご紹介しておりますのでソチラをご覧ください。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ