高野山・霊宝館「木造深沙大将立像」【重要文化財】

スポンサードリンク

高野山・霊宝館「木造深沙大将立像」【重要文化財】

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%83%bb%e9%9c%8a%e5%ae%9d%e9%a4%a8%e3%80%8c%e6%9c%a8%e9%80%a0%e6%b7%b1%e6%b2%99%e5%a4%a7%e5%b0%86%e7%ab%8b%e5%83%8f%e3%80%8d%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e6%96%87%e5%8c%96

造立年

  • 不明
  • 鎌倉時代
大きさ

  • 像高:135.4cm
作者

  • 快慶
重要文化財指定年月日

  • 2012年(平成24年)9月6日
所蔵場所

  • 高野山・霊宝館

高野山・金剛峯寺「木造深沙大将立像」の読み方

高野山の境内には難しい漢字の表記の御本尊や堂舎がありますが「木造深沙大将立像」は「もくぞう じんじゃだいしょう りゅうぞう」と読みます。

ところで・・深沙大将って誰?仏様??「深沙大将の特徴」

深沙大将とは、別名で「深沙大王」や「深沙神」とも呼称します。

深沙大将とは、かの西遊記で有名な「玄奘三蔵法師(げんじょうさんぞうほうし)」が経典を授かるために遥かインドへ赴いた途中で出会った「神」であり「鬼」のことです。

神と鬼、いずれの存在かは不明とされていますが、現在では大般若心経における守護神とされています。

深沙大将は平安時代に「常暁(じょうぎょう)/入唐八家の1人)」と言う僧侶によって日本へ伝来しました。

深沙大将が仏と見られないのは、その出で立ち(容姿)にあります。

髪は怒髪天状態であり、首からは髑髏(どくろ)のネックレスを下げています。

足の膝には「象」の袴(はかま)を装着しています。

もっとも目に付く変わった特徴として、腹には童(わらべ)の顔の「出ベソ」があります。

また、左腕にはトグロを巻いた蛇が巻きついており、手には「鉢」や「戟」を持っています。

本当に変わった姿の神様(仏様)で、いくつもの伝承が残っています。

深沙大将が神格視される理由は、一説によると多聞天や観音菩薩、技芸天(ぎげいてん)が姿を変えて現れた権化(化身)とも云われています。

また、妖怪のカッパのモデルになったとも云われています。

深沙大将のご利益としては、様々な招益、厄災消除と言ったご利益があると云われています。

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%83%bb%e9%9c%8a%e5%ae%9d%e9%a4%a8%e3%80%8c%e6%9c%a8%e9%80%a0%e6%b7%b1%e6%b2%99%e5%a4%a7%e5%b0%86%e7%ab%8b%e5%83%8f%e3%80%8d%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%81%81「ゴルルぁ!カップラーメンの湯は3分の1の地点で止めろ言うたヤロガぅぁ!グぅぁ!」 画像引用先:高野山霊宝館

木造深沙大将立像の安置場所

木造深沙大将立像の安置場所は、高野山・霊宝館になります。

尚、高野山・霊宝館の詳細については当サイトの↓以下の別ページでご紹介しております。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ