高野山・「大師教会本部」

スポンサードリンク

高野山・「大師教会本部」

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%a4%a7%e5%b8%ab%e6%95%99%e4%bc%9a

創建年

  • 1925年(大正14年)※大講堂
  • 1982年(昭和57年)※教化道場
建築様式(造り)

  • 入母屋造り
  • 正面唐破風付き
御本尊

  • 弘法大師像
脇侍

  • 愛染明王
  • 不動明王
法要

  • 宗祖降誕会

高野山・大師教会本部の読み方

高野山の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の仏像や堂舎がありますが、「大師教会」は「だいしきょうかいほんぶ」と読みます。

正式には、「高野山大師教会本部・高野山教化研修道場」とも呼称します。

高野山・大師教会本部の歴史・由来

高野山・大師教会本部は高野山開創1100年祈念事業の一環として、1925年(大正14年)の造営されています。

大師教会本部の敷地には「大講堂」と「教化研修道場」の2つがあります。

大講堂には「授戒堂」と呼称される堂舎が存在し、この授戒堂では一般の方向けの「授戒体験」をすることができます。

また大講堂内部には弘法大師・空海の生涯を描いた絵図が約26枚、展示されています。

その他、一般の方を対象にした写経も体験することが可能です。

高野山・大師教会本部で体験できること

 授戒(受戒)

「授戒」とは「じゅかい」と読み、「戒律を授かる」と言う意味合いになります。

この戒律とは仏教の「菩薩十善戒(ぼさつじゅうぜんかい」を意味し、「十の戒律を守る誓い」をたてます。

一般的な菩薩十善戒

  1. 不殺生=無駄に生物を殺さない
  2. 不偸盗=盗みをしない
  3. 不邪淫=不倫などをしない
  4. 不妄語=嘘をつかない
  5. 不綺語=本音で物事を語る
  6. 不悪口=悪口や乱暴な物言いを慎む
  7. 不両舌=他者を争わせるような物言いを慎む
  8. 不慳貪=あらゆる欲を戒める
  9. 不瞋恚=常軌を逸して怒らない
  10. 不邪見=物事を多角的に捉えて発言をする

ちなみに「授戒」は「受戒」とも書く事ができ、いずれも似たような意味合いになりますが、実はこの2つは似て非なるものがあります。

「授戒」とは、高僧や師匠となる僧侶からが「戒律を授かる」ことです。

つまり授戒を受ける側からすれば「弟子入りする」と言う意味合いがあります。

「受戒」とは、「授戒を受ける側」からの言葉になります。

すなわち上記の弟子側の立場の者が使用する言葉です。

発音は一緒ですが、文字に表すと微妙に異なることから分かります。

このように言葉を使い分ける点からも、それだけ「尊い教えを受けているのだぞ」と言う実感がわきます。

その他にも「授戒」や「受戒」と似たような意味を持つ言葉に「得度(とくど)」と言う言葉がありますが、得度は僧侶になることです。

出家して寺院の門を叩き、得度を受けて僧侶になります。

僧侶になった後に「師匠から授戒を授かり」、自らは「戒律を受戒する」と言う解釈になります。

意味合いは同じように感じますが、少し違うことに気づきます。

高野山大師教会で行われる受戒体験は、「わずかなロウソクの火が灯る暗い部屋」の中に座して、阿闍梨さま(高僧)の言葉を聞きながら瞑想します。

心身が落ち着き日常の喧騒を忘れることができます。

受戒体験の概要

受戒体験の料金:1回500円
体験ができる時間:朝9時から夕方16時までの1時間毎
受戒体験の所要時間:約30分
予約方法:当日の10分前までに直接大師教会本部で受付

尚、授戒体験後には、受戒した証として「菩薩戒牒のお守り」を授かることができます。

%e8%8f%a9%e8%96%a9%e6%88%92%e7%89%92


スポンサードリンク -Sponsored Link-






 写経

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%a4%a7%e5%b8%ab%e6%95%99%e4%bc%9a%e3%83%bb%e5%86%99%e7%b5%8c写経は「しゃきょう」と読みます。

写経とは、煩悩を捨て去り、身の内の「静」を捉えて「経典」を無心に書き写すことです。

大師教会本部には写経するための部屋が備わっており、ここで写経を体験することができます。

おおよそ600巻もある般若心経の経典の内、わずか300文字程度を抜粋した経典を書き写していきます。

心に雑念が生じ、集中力が途絶えると間違いや字体が歪みます。

写経体験の概要

写経体験の所要時間:約1時間30分
写経体験の料金:用紙代100円、写経セットは500円、写経を院御廟前へ奉納する場合は1000円
写経体験ができる時間:朝8時30分から15時まで
写経体験ができる日:毎日(不可能日もあり)
写経体験の定員:30名まで

その他の大師教会本部の見どころ

大師教会の御朱印

高野山・大師教会本部ではオリジナルの御朱印をいただくことができます。

中央に梵字「遍照尊」と墨書きされた御朱印です。

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%a4%a7%e5%b8%ab%e6%95%99%e4%bc%9a%e3%81%ae%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0ちなみに遍照尊の「遍照」とは、「遍照金剛」を指し示す言葉です。これは大師・空海が師匠である「恵果(えか)」から授かったもう1つの名前のことです。

  • 御朱印の値段:300円
  • 御朱印の授与場所:大師教会の授戒の受付

宗祖降誕会(青葉まつり)

例年、6月15日の午前9時から金剛峯寺の法要である「宗祖降誕会(しゅうそこうたんえ)」が大師教会本部・大講堂で営まれます。

このお祭りは一般的には「青葉まつり」の名前で通っており、金剛峯寺だけではなく高野山を代表する大祭でもあります。

宗祖降誕会とは、高野山の開祖であり宗祖でもある弘法大師・空海の誕生を祝う祭りです。

お昼の12時から奥の院手前の「一の橋口」から子供の頃のおカッパ頭の弘法大師像を乗せた「花御堂」が金剛峯寺前まで巡幸します。

%e7%a8%9a%e5%85%90%e5%a4%a7%e5%b8%ab%e3%83%bb%e5%bc%98%e6%b3%95%e5%a4%a7%e5%b8%ab画像引用先:http://bunka.nii.ac.jp/

花御堂だけではなく、「町民の行列」や町民が制作した「ねぶた」や「山車」なども加わり、和やかと言うよりは賑わいを見せる祭りです。

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%83%bb%e9%9d%92%e8%91%89%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a宗祖降誕会を見学されたい方は是非!6月15日に訪れてみてください。

高野山 大師教会の入場料金・営業時間・定休日

入場料金(拝観料金):無料
営業時間:8時30分から17時まで
定休日:年中無休

高野山・大師教会への場所(行き方)

大師教会は、「高野山ケーブル・高野山駅」から「南海りんかんバス・大門行き」へ乗車し「バス停・霊宝館前」で下車し徒歩約30秒。高野山駅からの総計所要時間は約13分です。
もしくは「金剛峯寺前バス停」で下車して徒歩約3分ほど。
金剛峯寺からは徒歩約5分で到着できます。

↓高野山大師教会本部へのアクセス地図

%e9%87%91%e5%89%9b%e5%b3%af%e5%af%ba%e3%81%8b%e3%82%89%e5%a4%a7%e5%b8%ab%e6%95%99%e4%bc%9a%e3%81%b8%e3%81%ae%e8%a1%8c%e3%81%8d%e6%96%b9

高野山・大師教会へのお問い合わせ先「住所・電話番号・営業時間・定休日」

住所:〒648-0211 和歌山県伊都郡 高野町高野山347
電話番号:0736-56-2015
駐車場:81台(金剛峯寺の駐車場)

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ