高野山・壇上伽藍「登天の松・杓子の芝」

スポンサードリンク

高野山・壇上伽藍「登天の松・杓子の芝」

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%a3%87%e4%b8%8a%e4%bc%bd%e8%97%8d%e3%80%8c%e7%99%bb%e5%a4%a9%e3%81%ae%e6%9d%be%e3%83%bb%e6%9d%93%e5%ad%90%e3%81%ae%e8%8a%9d%e3%80%8d

高野山・壇上伽藍「登天の松・杓子の芝」の読み方

高野山内には難しい漢字の表記で読みにく名前の仏像や堂舎がありますが、「登天の松」は「とうてんのまつ」と読み「杓子の芝」は「しゃくしのしば」と読みます。

高野山・壇上伽藍「登天の松・杓子の芝」の名前の由来

高野山・壇上伽藍を中門から入り、ちょうど当サイトの別ページで既に紹介しました「高野山・壇上伽藍「六角経蔵(ろっかくきょうぞう)」 と言う堂舎の裏側には「登天の松」と言う松が自生しており、さらに登天の松の下の芝は「杓子の芝」と呼称します。

登天とは、単純に「天に昇る(登る)」と言う意味合いがあり、杓子とは現代で言う「しゃもじ」のことです。

まず、この松が「登天の松」と呼ばれるのは1149年(久安5年)、「如法上人(にょほうしょうにん)」が臨終の際に、松が生えるこの場所で弥勒菩薩と縁を結び「兜率天(とそつてん)」へ昇天したとされ、これが由来となっています。

ちなみに如法上人とは、高野山・明王院(現、宿坊・明王院)に在籍した高僧のことです。

如法上人には「小如法(帰従上人)」と呼称する弟子がおり、如法上人が臨終した際、ちょうど昼食の準備をしていました。

しかし上人がこの世を去ったことを知った小如法は、杓子を持ったまま急ぎこの松の木へかけつけます。

そして松の木のてっぺんまで登った後、兜率天の主・弥勒菩薩へ師匠のもとへ旅立つことを願い出て許されたそうです。

そして、兜率天へと昇った際、なんと!杓子が1つ、松の木めがけて天空から静かに舞い落ちてきたきたそうです。

その後、不思議なことに杓子が落ちてきた松の木の根元には、常に師匠に付き従い、支えるかの如く、美しく映えるような深緑の芝が生えてきました。

後世ではこの松の木と深緑の芝が弟子と師のあるべき姿として「登天の松・杓子の芝」と今も語り継がれています。

高野山・壇上伽藍「登天の松・杓子の芝」の場所

登天の松・杓子の芝は、中門から壇上伽藍へ入った近藤君の西側・・あ、イヤイヤイヤちゃうちゃう、ちゃうがな!..またや「金堂っ」!!の左側にひっそりと自生しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ