高野山・壇上伽藍「六角経蔵(ろっかくきょうぞう)」

スポンサードリンク

高野山・壇上伽藍「六角経蔵(ろっかくきょうぞう)」

高野山・壇上伽藍「六角経蔵(ろっかくきょうぞう)」
創建年

1159年(平治元年

再建年

1934年(昭和9年)

建築様式(造り)

二重六角造
鉄筋コンクリート造

大きさ

高さ:19.7m
横幅:六面一間(約2m)

発願者

美福門院

高野山・六角経蔵の読み方

高野山の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の仏像や堂舎がありますが、「六角経蔵」は「ろっかくきょうぞう」と読みます。

高野山・六角経蔵の歴史

高野山・六角経蔵は「鳥羽法皇」の菩提(ぼだい)を弔うために、皇后の「美福門院(びふくもんいん)」が、1159年(平治元年)に建立した経蔵です。

美福門院は鳥羽法皇や仏教に大層な思い入れがあったようで、なんと!自らの所領であった紀州(和歌山県)の「荒川の庄(あらかわのしょう/=安楽川荘(現在の紀の川市桃山町と打田町の一部)」を高野山へ寄進します。

寄進した理由とは「六角経蔵の維持費のため」です。

ここから分かることとは並々ならぬ思い入れがあったということです。

しかし翌年、美福門院は崩御(この世を去られ)されており、なんと!女人禁制が絶対の掟であった高野山に埋葬されています。

後にこのことは高野山では大きな問題として取り沙汰されたようです。

しかし一説には高野山の女人禁制が解かれた際の原動力の1つになったとも云われております。

ちなみに1159年と言えば平治の乱が勃発していた頃であり、おそらく乱を静めるための祈願の1つであったのかも知れません。

話は変わって、この後、1926年(大正15年/=昭和元年)12月26日に金堂で起きた失火によって、この六角経蔵は焼失しています。

よって、現在みることのできる六角経蔵は、1934年(昭和9年)に再建された姿になります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






高野山・六角経蔵の役割

高野山・六角経蔵には、紺紙(こんがみ/紫色の紙)に「金泥(きんでい)/金箔を溶かしたもの」で、「浄写(丁寧・綺麗に書き写した)」した数々のお経が納められています。

これらの経典を「紺紙金泥一切経(こんしきんでいいっさいきょう)」または、「美福門院経」とも呼称します。

また、上述したように美福門院経を敬った形での「荒川の地」にちなんで「荒川経」とも呼ばれていたようです。

なお、この「紺紙金泥一切経」は重要文化財の指定を受けており、現在は高野山霊宝館に収蔵されています。

六角経蔵は回転した!!

実は、この六角経蔵は、経蔵の基壇付近(少し高くなっている基礎の上付近)に把手があって、なんとぉぅぉぅ~!!時計廻りに回転させることができます!!

「高野山・六角経蔵」は回転した!!但し、かなりの力が必要で、大人数人がかりでないと動かせません。

古くは、蔵全体が回転したそうですが、現在は把手のついている部分だけが回る構造になっています。

高野山・六角経蔵のご利益

この高野山・六角経蔵をうまく回転させて、一周できると「一切経」を読経した功徳が得られるそうです。

見ず知らずの観光客が協力して回転させてみるのは、良い思い出になるかもしれません。

六角経蔵の建築構造と大きさ(高さ)

六角経蔵の構造

  • 六角六面二層
六角経蔵の高さ

  • 19.7mの六角錐

この六角経蔵は、建物自体が、均整がとれて大変美しい塔です。

しかし、過去に何度も火災で焼失しており、防火対策のため、現在は鉄筋コンクリート造の骨組みとなっています。

少し残念な気持ちになりますが、木造の木組によって創建年当初の様式を今に伝えています。

高野山・六角経蔵の場所

  • 高野山・六角経蔵は中門から入って金堂の右脇、蛇腹道から入って金堂の奥に位置します。
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ