高野山・山王院(御社)

スポンサードリンク

 高野山・山王院(御社)

高野山・山王院(御社) (3)
創建年

不明
推定:816年

再建年

1594年(文禄3年)
2004年(平成16年)

建築様式(造り)

入母屋造
両側面向拝付き

大きさ

桁行(横幅):21.3m
横幅梁間奥行):7.8m

屋根の造り

檜皮葺

御祭神

丹生明神
高野明神

発願者

弘法大師・空海

法要

竪精論議:旧暦5月3日
御最勝講:旧暦6月10日・11日

高野山 壇上伽藍・「山王院(御社)」の読み方

高野山の境内には読みにくい名前の堂舎や御祭神がありますが、山王院は「さんのういん」と読みます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






高野山・山王院(御社)の名称の由来

「山王院」の山王とは、丹生明神を地主の神とした「山の神」を意味していることから、このように名付けられました。

高野山・山王院(御社)が建立された目的(理由)

弘法大師は高野山の開創に際して、日本古来の神々と仏教との融和のため、高野山の地主神として、丹生明神(にうみょうじん)と高野明神の分霊を高野山の守護神として「御社(みやしろ)」に祀りました。

この「御社」の拝殿として山王院は建立されています。

「御社」の建立年と再建年

高野山・御社の建立の時期は定かではありませんが、地主神を祀るために造られたことから、高野山開創の816年に近い時期と思われます。

現在の建物は1521年(大永元年)2月12日に起きた火事で焼失した後、1594年(文禄3年)に再建されたものです。

それ以降、約20年毎に屋根の葺き替え工事等が行われています。

最近では、2004年(平成16年)に「御社」の檜皮(ひわだ)の葺き替えが行われています。

高野山の「御社」の建築様式(造り)

「御社」には以下の3つの社殿が並んでいます。

  • 向かって右側の一宮には「丹生明神」
  • 中央の二宮には「高野明神」
  • 左の三宮には、それらと関係の深い「十二王子百二十伴神」が祀られた総社になっています。

丹生・高野明神は「一間社春日造」、総社は「三間社流見世棚造(さんげんしゃながれみせだなつくり)」と呼ばれ、どちらの屋根も「檜皮葺(ひわだぶき)」です。

また、これら三社には彩色が施されていて、部材にも彩色絵が描かれています。

これらは、山王院本殿の名称で、国の重要文化財に指定(1965年)されています。

高野山・山王院の構造

「御社」の拝殿として建立された「両側面向拝付入母屋造(こうはいつきいりおもやつくり)」で、桁行21.3m、梁間7.8mの建物です。

現在の建物は、1594年に再建されたものです。

「山王院」では、高野山の僧侶が明神様に「学道」を奉納する場所になっています。

高野山・山王院の行事・イベント

  • 毎年旧暦5月3日には「竪精論議(りっせいろんぎ)」
  • 旧暦6月10-11日には「御最勝講(みさいしょうこう)」の問答が行われます。
  • さらに毎月16日も高野山内の僧侶による門徒・門講による法会が行われています。
高野山・山王院の場所

山王院は、壇上伽藍の西端にあります。(金剛界では西は最上位となる場所です)

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ