高野山・壇上伽藍「逆差しの藤」

スポンサードリンク

高野山・壇上伽藍「逆差しの藤」

%e9%80%86%e5%b7%ae%e3%81%97%e3%81%ae%e8%97%a4

高野山壇上伽藍「逆差しの藤」の読み方

高野山内には難しい漢字の表記で読みにく名前の仏像や堂舎がありますが、「逆差しの藤」は「さかざしのふじ」と読みます。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






高野山・壇上伽藍「逆差しの藤」の由来

当サイトの別ページで既に紹介しました「高野山・壇上伽藍 准胝堂(じゅんていどう)」と言う堂舎の裏側には、藤の木が自生しています。

この藤の木は「祈親上人(きしんしょうにん)」と呼称する僧侶によって手植えされた藤の木です。

祈親上人とは平安時代後期に活躍した「定誉(じょうよ)」と呼称する僧侶であり、もとは奈良県葛城郡出身で同じ奈良県の興福寺に在籍していましたが、ある日の夜、霊夢(れいむ=神仏のお告げの夢を見る)を見て1016年(長和5年)高野山へ登ったそうです。

そして高野山へ登った後、定誉は高野山の姿を見て驚くことになります。

実は高野山はこの頃、同じ真言宗である京都・東寺(とうじ)と対立しており、さらに994年(正歴5年)には落雷によって伽藍全体が焼失し廃れていたからです。

定誉がみた高野山の様子は、神聖な霊峰・高野山とは思えないほどの廃れようで、定誉は霊夢のお告げは高野山の復興であると確信しました。

そして復興に取り掛かる際、復興が無事に成ることを祈願して、1本の藤の木を准胝堂の裏側へ「逆さ向き」に植えました。

逆さ向きに植えた理由とは、一種の「願掛け」のためと云われています。

%e9%80%86%e5%b7%ae%e3%81%97%e3%81%ae%e8%97%a41藤を植えた後、不思議なほど幸運が次々に起こります。

まず、自配下の「勧進聖(かんしんひじり)」を招集して日本全国へ浄財を集めるために活動を行い、浄財が思いのほか予想外に集まります。

また、勧進の最中、ある人物と運命的な出会いを果たします。

その人物とは「仁海(にんかい)」と呼称される真言宗の僧侶であり、仁海は当時「祈雨法」と言う独自の祈祷の方法を会得しており、自在に雨を降らすことができたと言います。

そんなことから日本の貴族をはじめ、日本を飛び越えて中国にまでもも名前が知れ渡っていました。

その仁海の誘いで1023年(治安3年)に、時の権力者である「関白・藤原道長」が高野山へ参詣するに至ります。

ちなみに藤原道長とは平安貴族を台頭する存在であり、貴族の栄華を極めていました。

道長はこの参詣を機として、まず、高野山・奥の院の「御廟橋」と「拝殿」を寄進(造営)しています。

さらにこの後の1026年(万寿3年)、道長は娘の「上東門院彰子」を仏門へ送り出し、ここ高野山奥の院にて剃髪の儀式を執り行っています。

以降、高野山は藤原氏から全面的に庇護を受けるようになり、藤原氏の財力と権力を背に受けて序々に復興し、従来の高野山の威容を回復していくことになります。

一方、摩訶不思議なことに定誉が植えた藤の木も「逆さ向きに植えられた」にも関わらず、高野山の繁栄と比例するかのようにどんどん大きく育っていくことになります。

その他、実は定誉は発明家としても著名であり、高野山の寒い冬に「体温を奪われないよう保つための方法」などを考案し、高野山の興隆にも尽力しています。

定誉は後に功績を讃えられ「祈親上人」の他、法華経の教典を持経していることから「持経上人」とも呼ばれて現代においても語り継がれています。

高野山・壇上伽藍「逆差しの藤」の場所

逆差しの藤は壇上伽藍「准胝堂」、「御影堂」の裏側に自生しています。
その姿は定誉が生きていた頃の面影をソっと今に伝えています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ