高野山 壇上伽藍・「中門(ちゅうもん)」

スポンサードリンク

高野山 壇上伽藍・「中門(ちゅうもん)」

壇上伽藍・「中門」
創建年

不明
推定:819年(弘仁10年/平安時代)

再建年

1843年(天保14年/江戸時代後期)
2015年(平成27年)※他、過去にも数回あり

建築様式(造り)

二重楼門

大きさ

高さ:約16m
横幅:約25m
奥行:約15m

屋根の造り

檜皮葺

材質

高野杉

施工業者

大林組

発願者

真然大徳(創建時)
金剛峯寺(開創1200記念時)

高野山・中門の読み方

高野山の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前のご本尊や堂舎がありますが、中門は「ちゅうもん」と読みます。

高野山・中門の歴史

高野山の中門は、江戸時代の天保14年(1843年)の大火事で燃え尽きてしまい、以降、平成の現在まで「中門跡地」として残っていました。

しかし、平成27年の高野山開創1200年の記念の際に、173年ぶりにこの「中門」を再建しようという話が持ち上がりました。

そんな経緯があって平成27年の高野山開創1200年記念の記念事業の一環で、中門再建計画が企画され工事をすることになりました。

ここで再建されるのは、中門だけではなく、かつて中門に安置されていたとされる、運派が彫ったとされる「仁王像」も同時に再建されることになりました。

この仁王像は、以下のような仁王像になります。

  • 中門正面手前の右側が「多聞天
  • 中門正面手前の左側が「持国天
  • 中門裏側の正面から見て左側が「増長天
  • 中門裏側の正面から見て右側が「広目天

いずれも仁王像の彫師で有名な「運慶(うんけい)」の一族である、「慶派」によるものであるといわれています。

尚、中門の仁王像に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

高野山・壇上伽藍「中門(ちゅうもん)・仁王像」

高野山・中門の建築様式(造り)

この中門は「株式会社大林組」や、日本全国から職人が集い、貴重な「高野杉」を用いて再建されています。

ちなみに、この再建は「ある分析結果」から得られた情報をもとにして、忠実に再建が計画がなされたそうです。

「ある分析」とは、中門の跡地から発見された、過去に幾多も火事にあった証拠となる中門の「燃えかす」などを分析したそうです。

この分析結果から、中門に使用されていた材料や塗料、高さや大きさなどが分かったそうです。

現在見ることのできる中門の姿は、分析によって弾き出された鎌倉時代の中門を復元して再建されたものになります。

門の形式は二重楼門、屋根は「ヒノキ材を薄い板状に加工した檜皮葺き(ひわだぶき)」で葺かれています。

これらの建築様式はすべて鎌倉時代の中門を忠実に再現して再建されていますが、創建当初はなんと!現在よりもさらに大きいものであったと云われております。

この再建でさらに驚くのは材料となる高野杉もそうですが、ぬぅあんと!鎌倉時代の再建時に実際に使用されていたとされる「槍鉋(やりがんな)」などの道具まで用いて造営されています。

2015年(平成27年)4月2日には、完成を記念して落慶法要が盛大に営まれています。

高野山・中門の場所

高野山・中門は壇上伽藍・金堂の前に位置します。また現在では壇上伽藍の正門にもなっています。蛇腹道から壇上伽藍へ入った場合は、正面に見える根本大塔の前方の金堂を挟んだ前方に位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ