高野山 壇上伽藍・「大塔(多宝塔・根本大塔)」

スポンサードリンク

高野山 壇上伽藍・「大塔(多宝塔・根本大塔)」

壇上伽藍・「大塔(多宝塔・根本大塔)」

創建年

不明
推定:816年から887年

再建年

1937年(昭和12年)※他、過去に5回ほどあり。

建築様式(造り)

二重多宝塔
鉄筋コンクリート造

大きさ

高さ:48.5m

長さ:四辺:約30m

発願者

弘法大師・空海

法要

2月3日(節分会)

高野山・根本大塔の読み方

高野山の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前のご本尊や堂舎がありますが、根本大塔は「こんぽんだいとう」と読みます。

高野山・根本大塔の歴史・由来

この大塔(根本大塔)は、高野山・壇上伽藍の中心であり、高野山全体の修行の場としての中心であり、そのまたさらに中心となる場所です。

大師・空海が遣唐使として唐へ渡り、阿闍梨・恵果(あじゃり・けいか)の元で修行に入り、真言密教の正統後継者を託されて、真言密教の奥義を伝承しています。

その大師・空海が描いた真言密教の世界こそが、この壇上伽藍そのものであり、その中心となる建造物がこの根本大塔になります。

この根本大塔は金堂が造営されてから後の816年から894年の間に建立されたと云われておりますが、詳しい創建年は不明とされています。

創建後は、幾度か悲運に見舞われ、記録に残っているだけで5回も焼失し、焼失の度に時の権力者たちの助力により再建を繰り返ししてきた歴史を持ちます。

しかし1843年(天保14年)以降、再建計画がなくなり、そのまま更地状態になっていました。

尚、現在見ることのできる根本大塔は1937年(昭和12年)に再建された時の姿となり、残念ながら創建年当初のような木造ではなく鉄筋コンクリート造になります。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






高野山・根本大塔の建築様式(造り)

根本大塔は高野山はもとより、真言密教における修行の中心の場であり、真言密教を象徴する存在であり極めて重要な意味合いを持つ建造物になります。

高さは約49m、四辺の長さが約30mもあり、多宝塔としては日本で初めて造営されたものになります。

根本大塔を支える16本の支柱

そして、大塔を支える16本の柱には、昭和を代表する日本画家「堂本印象(どうもといんしょう)」が描かいた「十六大菩薩」が1本1本の柱に描かれています。

「十六菩薩」とは?

金剛薩埵菩薩(こんごうさったぼさつ)、金剛王菩薩、金剛愛菩薩、金剛喜菩薩
金剛宝菩薩、金剛光菩薩、金剛幢菩薩(こんごうとう)、金剛笑菩薩
金剛法菩薩、金剛利菩薩、金剛因菩薩、金剛密語菩薩
金剛業菩薩、金剛護菩薩、金剛牙菩薩、金剛拳菩薩

高野山・根本大塔の御本尊

根本大塔のご本尊は「胎蔵界大日如来像」で、大塔内部の四方に「金剛界四仏」が祀られています。

金剛四仏とは?

密教世界(大日如来の創造世界)を現すのに2つの世界があります。

  • 1つは「理」の世界を現す「胎蔵界(たいぞうかい)
  • 2つめは「胎蔵界(たいぞうかい)」と、逆の世界に位置する、智の世界を現した世界を「金剛界(こんごうかい)」といいます。

ちなみに、この金剛界には、それぞれ以下のような仏います。

  • 北方を司る仏「微妙声(みみょうしょう)
  • 東方を司る仏「阿閦(あしゅく)
  • 西方を司る仏「無量寿(むりょうじゅ/=阿弥陀)
  • 南方を司る仏「宝相(ほうそうげ)

他にも、この根本大塔の中の中央部分には「胎蔵曼荼羅(たいぞうまんだら)」が描かれています。

また大師・空海を含めた「真言八祖」も大塔の四隅に奉安されています。

「真言八祖」とは?

真言八祖とは大師・空海を含めた真言密教における歴代の継承者(大師)のことを指します。

  1. 龍猛菩薩(りゅうみょうぼさつ)
  2. 龍智菩薩(りゅうちぼさつ)
  3. 金剛智三蔵(こんごうちさんぞう)
  4. 不空三蔵 (ふくうさんぞう)
  5. 善無畏三蔵(ぜんむいさんぞう)
  6. 一行禅師(いちぎょうぜんじ)
  7. 阿闍梨・恵果(あじゃり・けいか)
  8. 弘法大師・空海

一説では、善無畏三蔵、一行禅師の代わりに大日如来と金剛薩埵(こんごうさった)を加えた「付法八祖」というものも伝わっています。

根本大塔は大師・空海が創造した曼荼羅の世界

上述したように、真言密教には金剛界と胎蔵界とに分かれいますが、この根本大塔ではこれらの世界がなんと!1つになって表現されています。

分かりやすくいいますと大日如来だけが金剛界に御座す仏様で、残りの仏様はすべて胎蔵界に御座す仏様になります。

以上のような理由から、この根本大塔には大師・空海が創造した真言密教の世界が余すことなく表現されていると言えます。

高野山・根本大塔の「拝観料金・営業時間(拝観時間)・お問い合わせ先」

入場料金(拝観料金)
  • 200円
根本大塔の入場できる時間(拝観時間)
  • 8時30分から16時30分
住所
  • 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山
電話番号(お問い合わせ先)
  • 0736-56-2011(高野山・金剛峯寺)
高野山・根本大塔の場所

高野山・根本大塔は中門から入ってすぐに見える金堂の裏側に位置します。蛇腹道から壇上伽藍へ入った場合は正面に見えます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ