高野山 壇上伽藍・不動堂【国宝】

スポンサードリンク

高野山 壇上伽藍・不動堂【国宝】

壇上伽藍・「大会堂(だいえどう)」

創建年

1198年(建久9年)

再建年

1834年(天保5年)
1908年(明治41年)
1998年(平成10年)

建築様式(造り)

入母屋造
前面向拝、左右側面通り庇付き

※縋(すがる)破風造

屋根の造り

檜皮葺

大きさ

前面向拝:約2m
奥行:約8m
横幅:約6m

国宝登録指定年月日

1952年3月29日

重要文化財登録指定年月日

1899年4月5日

ご本尊

不動明王

発願者

真然大徳

高野山 壇上伽藍・不動堂の読み方

高野山の境内には難しい漢字の表記で読みにくい名前の堂舎や仏像がありますが、東塔は「とうとう」と読みます。

高野山 壇上伽藍・不動堂の歴史・由来

不動堂の創建は1198年(建久9年)で、本尊は「不動明王」になります。

また、国宝に指定もされている建物です。

不動堂の建立の謂われは、鳥羽天皇の皇女(娘)「八條女院」の発願(ほつがん)により、当初は「一心院」のお堂として建立されました。

「一心院」とは、真言宗の僧侶「行勝上人(ぎょうしょうしょうにん)」が造営した寺院で、高野山の女人堂に奥に、かつて存在した寺院です。今はもうありません。

すなわち、この不動堂は、現在の壇上伽藍から、少し離れた場所に建立されていたことなります


スポンサードリンク -Sponsored Link-






過去、高野山を幾度か襲った火災から難を逃れてきた「不動堂」

実は、過去に幾度かこの高野山は、火災に見舞われています。

しかし、この不動堂は、離れていたことが幸いしてか、火の粉を浴びることなく、ずっと現代まで、その身を潜ませていたことになります。

ちなみに、現在、見ることができるこの不動堂が建立されたのは、なんと!鎌倉時代に建立されたものだといいます。

高野山内の建物にしては異彩を放つ不動堂

壇上伽藍の不動堂は、他のお堂とは一線を画し、色鮮やかな仏画や縋破風(すがるはふ)を特徴とした優雅な平安貴族の邸宅のような造りをしています。(縋破風については後述)

高野山内の建物の中でも、このように少し変わった趣向をもとにして、建立された稀有で貴重なお堂はなく、1889年(明治32年)に国宝に指定されました。

しかし、1908年(明治41年)に大修繕が開始されることになり、その際、この壇上伽藍に移設されてきました。

1998年(平成10年)にも全体的に修繕が成されています。

不動堂の摩訶不思議

実は、この不動堂、現代に至るまでの謎があり、建立された目的が一切不明なんだそうです。

高野山 壇上伽藍・不動堂のご本尊

鎌倉時代の彫刻家・運慶の手による「八大童子像」と、本尊である「不動明王」が祀られていることに起因して「不動堂」といいます。

八大童子像に関しては当サイトの以下↓の別ページにてご紹介しております。

高野山・金剛峯寺「八大童子像」【国宝】

高野山 壇上伽藍・不動堂の建築様式(造り)

ちょっと、この不動堂の屋根の形状をよく見てみてください。

かなり変わった屋根の形状をしており、まるで鶴が羽を開いたような屋根の造りになっています。

この屋根は本堂の母屋部分から支えられる形で外側へ飛び出ているため、母屋に縋る(すがる)と書いて、「縋破風造り(すがるはふつくり)」と呼称されます。

縋破風造は平安期から鎌倉期初頭の建造物に多く用いられた様式で、主に貴族の寝殿造りの屋敷の屋根に取り入れられた様式です。

同時に寺社の堂舎や殿舎にも取り入れられた様式でもあります。

屋根はヒノキ材を敷き詰めた檜皮葺き(ひわだぶき)になっており、屋根の裏側は二軒繁垂木(ふたのきしげたるき)で組まれています。

側面の中備の「かえる股」は唐様(からよう/禅宗様)となっています。唐様はちょうど鎌倉期に中国から伝来した様式です。

出入り口正面の向拝の下からは素木造りの上下開閉式の蔀戸(しとみど)」が見えます。

その蔀戸の奥には手前に開閉する唐戸(からと)が見えます。このような唐戸や蔀戸は平安期以降に中国から伝来した建築様式になります。

堂舎の総体的な造りを見ていると、やはり平安期から鎌倉期に造営された建造物の特徴がよく出ていると言えます。

まさにこれこそが国宝の指定を受ける理由となるものでしょう。

是非!間近で見てみてください。このような縋破風付きの建造物はそうはありませんので高野山へ訪れた際は是非!お見逃しなく!

高野山 壇上伽藍・不動堂の場所

高野山 壇上伽藍・不動堂は蛇腹道から入ってきてしばらく進んだ左脇、ちょうど高野四郎(大塔の鐘)の奥になります。蓮池のほとりに位置します。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ