高野山・奥の院「数取地蔵尊」【こうや七不思議】

スポンサードリンク

高野山・奥の院「数取地蔵尊」【こうや七不思議】

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%a5%a5%e3%81%ae%e9%99%a2%e3%80%8c%e6%95%b0%e5%8f%96%e5%9c%b0%e8%94%b5%e5%b0%8a%e3%80%8d

数取地蔵の読み方

高野山には難しい漢字で記載され、読みにくい名前の仏像やお堂がありますが、数取地蔵尊は「かずとりじぞうそん」と呼称します。

高野山・奥の院「数取地蔵」の由来

奥の院への参道の入口付近となり「一の橋」を渡ってスグ、左脇に「小ぢんまりとした覆屋」が現れます。

この覆屋の中にはお地蔵さまが安置されており、このお地蔵さまの名前を「数取地蔵」と呼称します。

実は昔からこの高野山に数取地蔵はあったそうですが、いつの頃からか管理する者がおらずに廃れてしまい、いずこかの地中に埋もれてしまったそうです。

その後、1673年から1681年(延宝年間/江戸時代中期)に大阪の塗師・多左衛門と呼称する人物が「霊夢(神仏から託された不思議な夢)」を見て、数取地蔵が埋まっている場所が判明し、スグさま掘り出したそうです。

掘り出した後は、元々立っていた場所へ戻し、つまり、これが今日見ることのできる数取地蔵の姿となります。

数取地蔵の名前の由来・意味

数取地蔵の「数取」とは「数を取る」と読めます。

この数取地蔵は地獄の主・閻魔大王と繋がっており、高野山(奥の院)へ訪れた参拝者一人一人の名前と顔を覚えているそうです。

そして、その人物が何回、高野山へ参拝に訪れたのかの数を取っている(カウントしている)と云われています。

高野山へ訪れた回数が多ければ多いほど、功徳を積んだことになり、その回数を数取地蔵が閻魔大王へ報告してくださるそうです。

こうして現世での罪をできるだけ軽くして極楽浄土へ導いてくれる、ありがたい「お地蔵さま」と云われています。

顔と名前まで覚えていただいてカウントまでいただいていますので、奥の院へ訪れた暁には必ず立ち寄って手を合わせておきましょう。

高野山・奥の院「数取地蔵」の場所

数取地蔵は、奥の院の最後の橋となる「御廟橋(ごびょうばし)」を渡ってスグに見えてきます。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ