高野山・奥の院「棺懸桜」

スポンサードリンク

高野山・奥の院「棺懸桜」

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%b1%b1%e3%83%bb%e5%a5%a5%e3%81%ae%e9%99%a2%e3%80%8c%e6%a3%ba%e6%87%b8%e6%a1%9c%e3%80%8d

奥の院「棺懸桜」の読み方

高野山には難しい漢字の表記で読みにくい名前の仏像やお堂がありますが、「棺懸桜」は「かんかけざくら」と読みます。

奥の院「棺懸桜」の由来

棺懸桜の「棺懸」とは、「懸棺」とも書くことができ、「懸棺」とは「棺を懸ける」と言う意味合いになります。

「懸棺」は主に「中国での故人を埋葬する風習のこと」を指し、詳しくは「崖」などの高い場所から棺(ひつぎ)を吊り下げて、故人が獣(けもの)などから捕食されるのを防ぐために、宙に浮かして埋葬する方法です。

しかし棺懸桜の「棺懸」は少し異なる意味合いを持ちます。

大師・空海が高野山を開山することを許可した天皇である「嵯峨天皇(さがてんのう)」が、842年(承和9年/平安時代)に崩御された時に、嵯峨天皇の御身は棺に収められました。

その際、なんと!棺の一部が裂けて遥か天空へ飛んでいき、「とある1本の桜の木の枝」に引っかかったそうです。

その桜の木とは「高野山・中の橋」近くに自生する桜であり、以降、この桜の木は嵯峨天皇の「棺の一部が懸かった桜の木」と言うことで「棺懸桜」と呼ばれるようになりました。

現在、嵯峨天皇の陵墓は「京都府京都市右京区北嵯峨朝原山町」にあり、「嵯峨山上陵(さがのやまのえのみささぎ)」と言う名前の陵墓で永眠されています。

しかしかつては、この高野山・奥の院にも嵯峨天皇の陵墓があったとされ、ちょうど現在の「柴田勝家のお墓」のあたりに陵墓があったと云われています。

このことは江戸時代の「高野山略図」と呼称される絵図に書かれており、江戸時代以前では存在していたと考えられています。

しかし普通に考えて、棺の一部が大空を駆け飛んで行くなど考えられないことですが、嵯峨天皇は自らが崩御したことを心から慕っていた大師・空海に何とか知らせたかったのではないかと考えられます。

奥の院「棺懸桜」の場所

棺懸桜は中の橋の付近に自生しています。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ