高野山・奥の院「覚鑁坂」【こうや七不思議】

スポンサードリンク

高野山・奥の院「覚鑁坂」【こうや七不思議】

%e8%a6%9a%e9%91%81%e5%9d%82

覚鑁坂読み方

高野山には難しい漢字で記載され、読みにくい名前の仏像やお堂がありますが、覚鑁坂は「かくばんざか」と呼称します。

その他、別名で「三年坂」とも呼称されています。

高野山・奥の院「覚鑁坂」の由来

「覚鑁坂」とは奥の院の中の橋を渡った先に出てくる石段の坂道のことです。

この石段を数えると全部で43段あり、ちょっとした「恐怖の由来を持つ坂」でもあります。

そしてその由来とはなんと!以下のような3つの言い伝えがあります。

 1つ目の説では、実はこの「覚鑁坂」は本来42段であったのですが42は「死に」と言い換えることもでき、縁起が悪いとされて1段追加されて43段になったと云われています。

 2つ目の説では、「43」は「42(死に)」を乗り越えた数であることから、43段昇りきることができれば死を乗り越えたことになり、死後は極楽浄土へ行って生まれ変わることができると言った説もあります。

 そして、3つ目の説として縁起が悪い説も言い伝えられています。なんでもこの坂の途中で転んでしまうと・・なんと!「3年以内に命を落とす」と云われ、3年以内に命を落とすことから別名で「3年坂」とも呼称されています。

事実かどうかは定かではありませんが、時代を経ると言うことは様々な言い伝えが、もて囃され(もてはやされ)て広まるものです。

しかし万が一と言うこともありますので「ヒール」での参拝は絶対に避け、激しく臭く、キノコが生えていても良いので絶対に運動靴を履いておきましょう。

覚鑁坂の名前の由来・意味

覚鑁坂の「覚鑁(かくばん)」とは、実は高野山の座主にまでなり、後の世では「興教大師(こうぎょうだいし」と呼称されるほど有名になった高僧のことです。

覚鑁が建てた有名な寺院として「和歌山県岩出市」に位置する「根来寺(ねごろでら)」があります。

根来寺と言えば「根来衆(ねごろしゅう)」と呼称される「鉄砲を所持して武装した僧兵」が有名です。

織田信長の歴史をたどる上で必ず行き着く名前でもあります。

この覚鑁が建てた御堂に「密厳堂(みつごんどう)」と言うお堂があり、ちょうど建っていた場所が現在の覚鑁坂を登りきった先にあったと云われています。

以上のような由来から覚鑁坂と呼ばれるようになったそうです。

ちなみに密厳堂は現在はもう既に無く、1140年(保延6年)に焼失していますが、覚鑁坂に昔の面影をヒッソリと残しています。

高野山・奥の院「覚鑁坂」の場所

覚鑁坂は奥の院の参道途中の「中の橋」を超えた先に位置します。
また覚鑁坂の途中には同じく「こうや七不思議」のスポットである「姿見の井戸」「禅尼上智碑」などがあります。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ