高野山・女人堂(にょにんどう)

スポンサードリンク

高野山・女人堂(にょにんどう)

高野山・女人堂(にょにんどう)

高野山・女人堂の歴史

すでに、あなたもご存知のとおり、高野山は古来から女人禁制の場所として、知られていました。

高野山の女人禁制は、1872年(明治五年)まで続き、女性は一歩たりとも入山を許されませんでした。

そのため、高野山に通じる主要な道には、女人堂が建てられ、女性はそのお堂までしか立ち入ることができませんでした。

しかし、高野真言宗の信徒にも、当然、女性の信徒がいましたが、女性の信徒でさえも、大師のお側近くへ立ち寄ることすら叶わなかったと云われております。

したがって、この女人堂へ籠り、現在の「弘法大師御廟」へ向かい、祈りを捧げることが、唯一、可能だったようです。

えっ?!女人堂は古来、7つもあった?!

高野山の「七口(ななくち)」とは、高野山に通じる代表的な7つ入口のことを「七口」と呼び、遠い昔には7個所あったと云われております。

もともと、その入口にそれぞれ女人堂が造られていましたが、不動口のものは、最大級の大きさを誇り、見栄えも大きく立派なものだったそうです。

しかし、残念なことに、現在みることのできる女人堂は、この不動口に建てられた女人堂のみです。

つまり、残りの6つは今はもう存在しません。

この女人堂は、1646年の古絵図にも、高野山で唯一の女人堂として掲載されています。

また、「紀伊国名所図会」には「七口各堂ありといえども、この堂最大なり」とも、記載されています。

高野山・「不動口」の名前の由来

高野山・「不動口(ふどうぐち)」は、「東高野街道」または、「京・大阪街道」とも呼ばれ、江戸時代から近世にかけて、京の都(京都)や大江戸(東京)と、この高野山を結ぶ、最も栄えた街道です。

故に古来から、高野山の入口とまで云われ、賑わってきました。

「不動口」の名称は、高野線のケーブルカー駅(極楽橋)付近から、女人堂に至る坂道の途中に「清不動(きよめのふどう)」の堂舎があるため、「不動坂(ふどうざか)」の名が生まれ、高野山への入口が不動口と言われるようになったそうです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






高野山・女人堂の由来と造られた本当の理由

その昔、越後の国の本陣宿には「とある娘」がおりました。

この娘さん、宿の娘さんでありながら、相当苦労の多い、ゆるりと休まる暇さえない人生を送っていました。

そんな激動の人生も大半を過ぎた頃、やがて、高野山へ昇ることになりました。

高野山に辿り着き、娘さんは驚きました。

それは、自分以外にも、たくさん女性がいることを知り、また、自分だけが不幸ではなかったことを知ったからです。

そこで、この娘さんは、女人禁制の高野山に登ってくる、他の女性たちのために、不動坂口に「籠もり堂」なるお堂を建てて、自らもこのお堂でお祈りを捧げ続けました。

このお堂が後に「女人堂」と呼ばれることになりました。

これが先立ちとなり、他にも女人堂が次々に建てられるようになります。

これらの女人堂は、女性たちが働いた財産を投じて造営したそうです。

このようにして造られた女人堂ですが、実は現在に至っても創建時期は不明とされ、営繕(えいぜん/修理)が、幾度も幾度も繰り返されてきた歴史があります。

女人堂の柱が物語る女人堂の創建年と歴史

実は、この女人堂を支える柱には、国宝に指定されている「古い柱」があります。

この古い柱、なんと!!鎌倉時代後期の物だということが判明したのです。

つまり、この柱は、金剛峯寺の不動堂よりも、古い柱ということになります。

このことから、この女人堂が、少なくとも鎌倉時代の後期以前に創建されていたことが明らかされています。

高野山・女人堂の御朱印

この高野山・女人堂では御朱印をいただくことができます。

女人堂は高野山内でも、端の方にあります。

せっかく、女人堂まで足をお運びになったのでしたら、ノスタルジックな気配に包まれながら、ぜひ、御朱印もいただいてください。

高野山・女人堂の御朱印

御朱印の初穂料(料金):300円

高野山・女人堂の営業時間(開門・閉門時間)・拝観料・駐車場

  • 拝観料:無料
  • 開門時間:8:30-16:30
  • 駐車収容台数:10台

高野山・女人堂のお問い合わせ先(電話番号・住所)

  • 電話番号:0736-56-3508
  • 住所:和歌山県高野町高野山709

高野山・女人堂までのアクセス・行き方

南海りんかんバス
  • [ケーブルカー高野山駅前 – 女人堂(バス所要時間:7分/220円)]
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ