高野山・金剛峯寺「奥殿・蟠龍庭」

スポンサードリンク

高野山・金剛峯寺「奥殿・蟠龍庭」

%e9%87%91%e5%89%9b%e5%b3%af%e5%af%ba%e3%83%bb%e8%9f%a0%e9%be%8d%e5%ba%ad1

金剛峯寺「奥殿・蟠龍庭」の読み方

高野山の境内には難しい漢字の表記で読みにく名前の仏像や堂舎がありますが、「蟠龍庭」は「ばんりゅうてい」と読みます。

金剛峯寺「奥殿・蟠龍庭」とは?

蟠龍庭とは、石や岩を庭園に配して創作意識をもって造った「和風の庭園」のことです。

金剛峯寺の蟠龍庭は高野山内はもとより、日本全国でも有名な庭園です。

それもそのハズです。

金剛峯寺の蟠龍庭は約5000坪の広さを誇り、これは日本一の石庭となります。

蟠龍庭の石は京都の「白川砂」で、岩(大石)は四国の「青花コウ岩」を用いて造られており、合計140個あります。

%e9%87%91%e5%89%9b%e5%b3%af%e5%af%ba%e3%83%bb%e8%9f%a0%e9%be%8d%e5%ba%ad白川砂で造られた庭園は「雲海」が表現されており、この雲海の中には雄と雌の龍が対面する形で描かれており、奥殿を守護しているような状況が描かれています。

勅使門から見て、右手に雌龍、左手に雄龍が配されており、これは一説によると真言密教の「金剛界と胎蔵界が表現されている」と云われ、つまりは「而二不二(金胎不二・こんたいふに/2つでありながら1体)の思想」に基づいたものであると云われております。

金剛峯寺・蟠龍庭のライトアップイベント

金剛峯寺ではなんと!例年9月と10月の定日に奥殿・蟠龍庭の夜間拝観が行われています。

期間の詳細は9月の中旬頃から10月末となります。

蟠龍庭のライトアップの時間

  • 18時から20時まで(最終受付時間19時30分まで)
夜間特別拝観料金

  • 500円
予約方法

  • 不要
受入可能人数

  • 制限なし
プロデュース(照明デザイナー)

  • 長根 寛氏(東京デザインパーティー)
蟠龍庭のライトアップのお問い合わせ先(金剛峯寺)

住所:〒648-0294 和歌山県伊都郡高野町高野山132
電話番号:0736-56-2011

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ