高野山・奥の院「大杉林」と特別母樹林【和歌山県天然記念物】

スポンサードリンク

高野山・奥の院「大杉林」と特別母樹林【和歌山県天然記念物】

一の橋から奥の院御廟までの参道約1.6キロメートルの両側には大杉の並木道が広がっています。

これらの大杉は樹齢約200年〜600年と言われ、和歌山県の天然記念物の指定を受けているものです。

奥の院の大杉の数

奥の院の大杉の総数は1300本を超え、樹高も50メートルを超える巨木もありまする。

その内、下記の標札が付いている大杉は特別母樹林です。

特別母樹林の標札

特別母樹林とは?

特別母樹林とは、樹形材質ともに優れた樹木を保存し、優良な種子穂木を確保する目的で農林水産省が法律に基づき、指定した樹木です。

 

奥の院の観光スポット一覧(案内地図)

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ