高野山奥の院「密厳堂」と「覚鑁」

スポンサードリンク

高野山奥の院「密厳堂」

密厳堂の読み方

密厳堂は「みつごんどう」と読みます。

密厳堂とは?

この密厳堂(みつごんどう)には根来寺を創建した新義真言宗の開祖「覚鑁上人(かくばんしょうにん)」が奉斎されてい‥‥‥申す。ゴハっ

密厳堂の名前の由来

覚鑁上人が奉斎されていることから、覚鑁上人の名前をとって「覚鑁堂」とも呼ばれまする。

「密厳」の由来

密厳堂の密厳とは、大日如来が座する浄土を意味しまする。もしくはその世界を体現する 大乗密厳経に説かれる三密で荘厳された浄土のことです。

大乗密厳経は別名で「密厳国」や「密厳仏国」とも呼ばれまする。

しかし、密厳堂の「密厳」の意味合いは少し異なり、これは覚鑁上人の異名である「密厳上人」から由来がきているものです。

覚鑁上人は浄土教と密教の融合形態である「密厳浄土」の思想を唱え、これが由来となり、「密厳上人」とも呼ばれるようになってい‥‥‥申す。ゴハっ あ、この”ゴハっ”は1回目の”ゴハっ”とは少し違う”ゴハっ”

覚鑁とは?

覚鑁上人の「覚鑁」とは、諡号(おくりな)であり、「興教大師(こうぎょうだいし)」とも呼ばれた平安時代後期の真言宗の僧です。

真言宗中興の祖にして新義真言宗始祖。

13歳のとき仁和寺(京都)で受戒(剃髪得度)し、奈良で法相の奥義を学びまする。

以後、高野山へ入山し、密印を受け、三井の覚猷 (かくゆう) や醍醐の賢海などから秘訣(ひけつ/誰に授けられていない奥義)を授けられています。

1126年(大治元年)紀州石手邑に伝法院を建立し、1131年(天承元年)、高野山に講堂・密室・密厳院などの大伝法院を建立して、伝法大会を厳修します。

1134年(長承3年)には白河法皇の詔勅によって大伝法院座主となり、その後、金剛峰寺座主をも歴任。これにより事実上、高野山の全権を掌握し、やがて独自が掲げた強弁策を採るようになり、次第に上下僧たちの確執が増大します。

この結果、高野山中の僧たちは突如、蜂起して密厳院に襲撃をかけるでさぁ。

覚鑁はなんとかこの難を逃れ、山(高野山)を下って紀州根来へ逃げ込み、その後、当地(弘田荘園内)に「円明寺」を建立するでさぁ。

覚鑁はこの後、当地にて没するのですが、覚鑁には覚鑁を慕う門弟がおり、この門弟たちは覚鑁がすでに居らずとも高野山とは相いれず、結果、独立して「新義真言宗」という一派を開くのです。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






覚鑁上人の浄土観

覚鑁の著名な書として「五輪九字秘釈」や「孝養集」が伝えられていまする。

覚鑁上人は座主をを辞した後、密厳院に密観を修習するために籠るようになり、その結果、自性加持身説(自性身上の加持身説)を唱えます。

覚鑁上人は、『惜しい哉、古賢難易を西土に諍うこと。 悦ばしい哉、今愚往生を当処に得ること。』

訳すと、「西方浄土へ往生するのではなく、この世に成仏するもの」と説いています。

また、「一切如来は悉く是れ大日なり」「阿弥陀如来と大日如来は同体の関係にあり、極楽と密厳は名異にして一処なり」

と説いています。

大師・空海は仏教を独自の哲学観で唱え、これを真言宗の教義としたのに対し、覚鑁上人は密厳浄土という思想を説き、これは世に大師以来の稀代の天才とも謳われているほどです。

後年、覚鑁上人が唱えた密厳浄土の思想は高く評価され、鎌倉仏教に大きな影響をあたえてい‥‥‥申す。ギャハっ

密厳堂の内部

現在の密厳堂の内部には大人の男性が1人入るくらいの黒漆塗りのお厨子の中に座する覚鑁上人の尊像(覚鑁上人坐像)が奉安されてい‥‥‥申す。ゴガっ

画像引用先:https://ja.wikipedia.org/

密厳堂の場所(地図)

密厳堂は覚鑁坂の手前もしくは、登りきった先に建っています。小ぢんまりとしてお堂です。

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ