大阪から高野山へのアクセス(行き方)「電車・車・タクシー」

スポンサードリンク

大阪から高野山へのアクセス(行き方)「電車・車・タクシー」

高野山は山頂に開かれた盆地地帯となりますので、アクセスするためには山を登らなけれなりません。

電車の場合は途中でケーブルカーへ乗り換えたり、はたまた車の場合は4本ほど存在する車が通行できる山道を通行して高野山内へアクセスすることになります。

以下では、大阪から高野山へ電車、車(乗用車)、タクシーでアクセスする場合の主な行き方をご紹介しています。

尚、高野山へ続く山道については以下の別ページにてご紹介しています。

車で行く!高野山へ登る際の「降車にオススメの高速インター」と「オススメのルート」!!

高野山の最寄り駅

  • 南海ケーブル「高野山駅」

高野山の最寄りインター

岸和田和泉インター(阪和自動車道)

高野山(金剛峰寺)まで約1時間10分

紀北かつらぎインター(京阪奈自動車道)

高野山(金剛峰寺)まで約40分【オススメ】

高野口インター(京阪奈自動車道)

高野山(金剛峰寺)まで約50分

かつらぎ西インター(京阪奈自動車道)

高野山(金剛峰寺)まで約40分

橋本インター(京阪奈自動車道)

高野山(金剛峰寺)まで約50分

高野山の最寄り空港

  • 大阪国際空港
  • 関西国際空港

大阪から高野山へのアクセス方法

  • 電車
  • タクシー

大阪から「電車」でら高野山へのアクセス(行き方)

「JR大阪」から高野山へ

JR大阪駅
大阪環状線・西九条方面・大和路快速「加茂行き」へ乗車
↓(約12分)
南海(JR)新今宮駅
南海特急こうや「高野山行き」へ乗車

↓(約1時間16分1650円)
極楽橋駅
高野山ケーブルへ乗り換え

高野山ケーブル「極楽橋駅」
高野山行きへ乗車
(約5分390円)
高野山ケーブル「高野山駅」で下車
「南海りんかんバス」へ乗り換え
(約1分)
南海りんかんバス「奥之院前行き」へ乗車、「千手院橋」で下車(※時刻表
(約15分)
「千手院橋バス停」
(徒歩約5分)
高野山・金剛峰寺


合計運賃:2,220円(乗車券1,440円 特別料金780円)+140円
合計所要時間:2時間28分(乗車1時間33分)+6分


もしくは・・

「千手院橋バス停」
南海りんかんバス「大門駐車場行き」へ乗車
(1駅1分140円)
南海りんかんバス「金剛峯寺前バス停」で下車
(徒歩約1分140円)
高野山・金剛峰寺

「阪急梅田」から高野山へ

阪急梅田駅
地下鉄御堂筋線へ乗車するために地下鉄へ移動
(4分)
地下鉄うめだ駅
御堂筋線「なかもず」or「天王寺」行きへ乗車
(8分)
地下鉄なんば駅
南海高野線へ乗り換えるために移動
(徒歩約7分)
南海極楽橋駅
南海高野山ケーブルへ乗り換え
(74分)
南海ケーブル高野山「極楽橋駅」
高野山行きへ乗り換え

高野山ケーブル「高野山駅」で降車
(徒歩約1分)
高野山駅
「南海りんかんバス」へ乗り換え
(約15分)
高野山ケーブル「高野山駅」(南海りんかんバス高野山駅)
南海りんかんバス「奥之院前行き」へ乗車、「千手院橋」で下車(※時刻表
(約1分140円)
「千手院橋バス停」
(徒歩約5分)
高野山・金剛峰寺


合計運賃:2,270円(乗車券1,490円 特別料金780円)+140円
合計所要時間:2時間35分(乗車1時間31分)+6分


もしくは・・

「千手院橋バス停」
南海りんかんバス「大門駐車場行き」へ乗車
↓(1駅1分140円)
南海りんかんバス「金剛峯寺前バス停」で下車
↓(徒歩約1分140円)
高野山・金剛峰寺

高野山内の移動をバス(南海りんかんバス)を主として利用される場合は「1日乗り放題券」を購入されるのがオススメです。

ちなみに、前述ではケーブルカー高野山駅から徒歩で金剛峰寺を目指した場合、約50分はかかります。

タクシーへ乗車した場合は所要時間約12分、距離約2.6㎞、タクシー料金がおおむね1200円以内です。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






大阪から「車」で高野山へのアクセス(行き方)

以下では大阪から車で高野山(金剛峰寺駐車場)までのアクセスルートをご紹介しています。

尚、単に「大阪」では大雑把すぎますので、大阪の都心となる梅田付近に位置する「堂島インター」からのルートでご紹介します。

【ルートその1】「岸和田和泉インター」で降車して国道480号線を経由して高野山へ

大阪から高野山へアクセスする際、もっとも最短時間でアクセスが可能で、尚且つ、料金がもっとも安くなるルートが「岸和田和泉IC(インター)」で降車するルートです。

オススメできるルートですが、「国道480号線」という1本道となる下道を長時間、走行することになりますので、渋滞にハマれば予想外に時間がかかる可能性が示唆されます。

特に高野山の混雑シーズンとなるGW、紅葉シーズン(10月、11月)などは渋滞しがちです。

よって、状況に応じて他に混雑回避ルートを探す必要が出てきます。

ちなみに高野山山頂へ至る山道はいくつか存在しますが、中でも高野山宿坊協会および金剛峯寺が推奨しているルートがこの国道480号線を登るルートです。

高野山の山道に関しては以下の別ページにてご紹介しています。

車で行く!高野山へ登る際の「降車にオススメの高速インター」と「オススメのルート」!!

「国道480号線」の外観

⬆国道480号線の外観。ガードレールがあり、道がキレイに舗装されている。高野山初心者や車の運転に慣れていない方は、少々混雑していてもこの道路を走行するのがベスト!

 

堂島料金所(入口)
阪神高速1号環状線 に入る
阪神高速14号松原線へ
松原JCT
阪和自動車道へ

岸和田和泉ICで降車


-ここまで-

  • 通常料金:2,050円
  • ETC料金:1,570円
  • 距離:40.7km
  • 通常時間:37分

岸和田和泉IC
↓府道230号線
↓「岸和田和泉インター西」府道40号線
↓外環状線
↓大野町北
↓国道170号線
↓県道125号線
国道480号線
↓県道53号線

高野山(金剛峯寺駐車場


  • 総計所要時間:約1時間45分
  • 距離:85km
大阪から高野山(金剛峰寺駐車場)までルート地図

  • 所要時間:1時間38分
  • 総距離:85.7km
  • ガソリン:約6.5L

【ルート2】国道371号線を通行して高野山中へ

このルートは国道371号線、橋本バイパス、紀の川フルーツラインを通行して高野山内へアクセスする方法です。

堂島料金所(入口)
↓阪神高速1号環状線 に入る
↓阪神高速14号松原線へ
↓松原JCT
↓高速美原北ICで降車
↓府道36号線
↓府道190号線
↓国道309号線
↓国道170号線
↓国道371号線
↓橋本バイバス(国道371号線)
↓紀の川フルーツライン(国道370号線)
↓国道480号線
↓県道53号線

高野山(金剛峯寺駐車場


  • 所要時間:約2時間15分
  • 総距離:82.3km
  • ガソリン:約6.5L

 

【ルート3】高速道路(湾岸線)を使用する

堂島料金所(入口)
↓阪神高速1号環状線 に入る
↓阪神高速14号松原線へ
↓松原JCT
↓阪和自動車道
↓岸和田和泉ICで降車
↓府道230号線
↓府道226号線
↓国道170号線
↓国道480号線
↓県道125号線(一部道幅が狭いので注意)
↓国道480号線
↓県道53号線

高野山(金剛峯寺駐車場


  • 所要時間:約1時間51分
  • 総距離:85.6km
  • ガソリン:約6.5L

【ルート3】高速道路(京奈和自動車道)を使用する

このルートは大阪からですと少し迂回するルートになりますが、高野山の最寄りインターである「紀北かつらぎIC」で降車して高野山山頂を目指すルートです。

堂島料金所(入口)
↓阪神高速1号環状線 に入る
↓阪神高速14号松原線へ
↓松原JCT
↓京奈和自動車道
↓橿原バイパス/国道24号線
↓御所南ICで一旦、降車

↓国道309号線(京奈和自動車道)
↓国道24号線(京奈和自動車道)
↓京奈和自動車道
↓紀北かつらぎICで降車
↓国道24号線
↓国道480号線
↓県道53号線

高野山(金剛峯寺駐車場


  • 所要時間:約2時間25分
  • 総距離:119km
  • ガソリン:約9.6L

大阪から「タクシー」で高野山へのアクセス(行き方)

うぉぅっ、サっ、カっ!(訳:大阪)から高野山まではタクシーを利用される方は、よほどのバブリーばぶばぶバブぅ~ぅ~うっ!・・でもないかぎりいないと思われますが敢えてご紹介しておきます。..こホンっ!

ただし、料金には覚悟が必要となります。ボンビーが調子に乗って迂闊にこれをしてしまうと、しばらくはタクシー会社でタダ働きをすることになりますので、ご注意ください。

ただ、やはり高野山への現実的なアクセス方法としては、身体が不自由などの、よほどの理由がないかぎりは乗用車や電車・バスになります。

  • タクシー所要時間:約2時間
  • タクシー料金:48000円以内
  • タクシー距離:約105km

[/deco_bg]

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ