高野山 壇上伽藍「閼伽井」

スポンサードリンク

高野山 壇上伽藍「閼伽井」

閼伽井とは?

「閼伽」とは?

仏前などに供養される水のこと。六種供養のひとつ。 サンスクリット語のargha(アルガ)の音写、「功徳水(くどくすい)」とも訳されまする。

東大寺二月堂のお水取りのように閼伽井(あかい)から水を汲み取り、香を入れることがあり、香りの良い清水ということで「閼伽香水」や「御香水(おこうすい)」とも呼ばれまする。

「井」とは?

井は井戸のこと。水を汲みあげる場所。

閼伽井の来歴(由来や歴史)

江戸時代後期、和歌山城下の書肆(しょし/出版社)・帯屋伊兵衛(高市志友)が編纂した紀伊国の風土記「紀伊国名所図会」によれば、この鐘について記されている一文が見えます。

『御社の南、林間に有り。大師の鑿開(さっかい)し給ふ処、天竺の無熱池の水を湛ふとなん。』
凡(みな)一山灌頂(かんじょう)曼供(曼荼羅を中心とする法要のこと。密教特有の言葉)などの大法会には、必ず是をもって閼伽とす。」

訳:

壇上伽藍の御社の南側の林間にこの井戸はある。弘法大師自らが開掘してみたところ、天竺の無熱池からもたらされた水が満ちてきた。』

以来、皆、高野山での灌頂(かんじょう)、曼荼羅を中心とする法要、大きな法会(集会)の時には、必ずこの水を用いて仏前に供えた。

「無熱池」とは?

無熱池(むねっち)とは、胸っち大きいレースクィーン‥‥ボヨヨン‥ではなく!、インドに伝わる伝説の池のこと。ふぅ

この池には阿耨達龍王(あのくだつりゅうおう)が棲みつき、全世界の清冷水で潤いつくすとされ申す。

現在でも閼伽井の水が使用されている

この閼伽井の水は現在でも高野山内で執り行われる大法会はじめ、灌頂や曼荼羅供などの様々な儀式にて、仏前に供えるための香水として使用されています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






閼伽井は一般参拝客は進入不可!

閼伽井をご覧になれば分かりますが、大々的に高野山の公式サイトでも紹介されておらず、つまり、知る人ぞ知るというところです。

閼伽井の前には「閼伽井門」と書かれた門が立ち、その周囲には御垣(木柵)が張り巡らされてい‥‥‥申す。グハっ

したがって関係者以外は外部からの観覧は可能‥‥‥ということになりまする。うきゃ

閼伽井の場所(地図)

閼伽井は六角経蔵を向かい見て右下あたりにあり申す。

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ